スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<詐欺容疑>アリコ流出情報を悪用 警視庁、男女逮捕へ(毎日新聞)

 外資系生命保険大手「アリコジャパン」から流出した顧客のクレジットカード情報を悪用し、インターネットで商品を購入したとして、警視庁捜査2課と本所署は20日、東京都内の無職の男女2人について、詐欺容疑で取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。

 ア社の顧客情報流出を巡っては、約3万2000人分のカード番号や有効期限のデータが第三者に渡り、一部がネットショッピングに悪用されている。男女は、ア社のホストコンピューターに不正アクセスして情報を抜き取った疑いがある業務委託先の中国企業の社員とは接点がないとみられるが、捜査2課はデータの入手経緯を追及する。

 捜査関係者によると、2人は不正に入手したカードの名義人になりすまし、ネットで数十万円の商品を購入した疑いが持たれている。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース】
リフォーム詐欺:「指導」公表せず、被害拡大の一因か
詐欺容疑:リフォーム会社社長逮捕 首都圏で被害3億円超
詐欺:うその説明で教材高額で販売 4人を容疑で逮捕
詐欺未遂:容疑で中学教師逮捕 他人の運転免許証不正使用
振り込め詐欺:組織の「キング」に賠償命令 被害64人分

亀田興毅さんの車接触される=運転中、けが人なし―東京(時事通信)
自公両党、26日に赤松農水相不信任案提出へ(産経新聞)
普天間、辺野古移設で大筋合意=工法などは継続協議―日米(時事通信)
口蹄疫感染拡大で動物用消毒薬に注文殺到、在庫切れの恐れも(カナロコ)
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破--福島・飯舘(毎日新聞)
スポンサーサイト

国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ(医療介護CBニュース)

 エーザイは5月14日、今年3月期(昨年度)決算を発表した。単体の国内医療用医薬品売上高は前年度比10.8%増の2884億円で、アルツハイマー病治療薬アリセプト、消化性潰瘍治療薬パリエットに加え、2008年6月に発売した関節リウマチ治療薬ヒュミラ、骨粗鬆症治療薬アクトネルの売り上げが大幅に伸長した。
 内藤晴夫社長は決算説明会で、「日本事業は今年度からの2年間に非常に強い成長を遂げて、全社の収益を底支えする役割を負っており、それをサポートするように主力品が大変高い伸びを示している。ヒュミラについては全例調査が終了したので、カバーする医療機関が飛躍的に増え、いよいよ拡大期に入ってきたと考えている」と述べた。

【詳細な表入りの記事】

 昨年度の業績は、売上高8032億円(前年度比2.7%増)、営業利益864億円(5.9%減)、経常利益797億円(3.5%減)、純利益403億円(15.4%減)の増収・減益だった。米AkaRx社買収に伴うインプロセス研究開発費239億円を計上したことが減益の要因。
 内藤社長は「昨年度は米国でのアリセプト、がん関連製品売り上げの2ケタ成長と、アシフェックス(国内製品名=パリエット)売り上げの下げ幅を10ポイントでとどめることを社内目標として掲げていた。そのうち2つは達成したが、アシフェックスについては残念ながら、そのレベルから若干取りこぼした」とした。
 米国での各製品の売り上げは、アリセプトが1947億円(現地通貨ベースでの前年度比11%増)、がん関連製品が799億円(14%増)、アシフェックスが810億円(13%減)。

 11月に米国でアリセプトが特許満了となるが、新製品の寄与や日本および中国事業の継続的な成長により、今年度の売上高は8100億円(前年度比0.9%増)と増収を予想。営業利益1050億円(21.5%増)、経常利益985億円(23.6%増)、純利益650億円(61.1%増)と大幅な増益を見込んでいる。






【関連記事】
パリエット、1日2回投与の用法・用量の追加を申請
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ
帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー
日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ

<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)
参院選、公約採点見送り=指定市長会(時事通信)
山菜根こそぎ・不法投棄…防止へ村外者から入山料(読売新聞)
通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)
“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)

「裁判員よいスタート」 再審無罪、真剣に検討 竹崎最高裁長官(産経新聞)

 最高裁の竹崎博允(たけさき・ひろのぶ)長官が3日の憲法記念日を前に会見し、裁判員制度について、「これまで2600人以上の裁判員が参加し、誠実、積極的に職責を果たし、その体験を高く評価している」と述べ、「少なくともよいスタートを切れた」と語った。

 制度の課題については、「起訴された事件に対し、審理・判決に至った事件が少ない。審理まで時間がかかりすぎており、迅速な審理入りが必要」などと指摘。「関係者が過度に慎重になっているのではないか」と分析した。

 また、足利事件での再審無罪確定などを念頭に、「刑事裁判における事実認定の難しさと、科学的知見の重要性を改めて認識させられた。裁判員制度でも間違いが起きないよう、真剣に検討していく必要がある」とした。その上で、刑事裁判官と自然科学の専門家で、DNA型鑑定と事実認定の問題を共同研究することなどを明らかにした。

 検察官の不起訴処分に対し、検察審査会が起訴を議決、強制起訴される事態が続いている点について裁判所の姿勢を問われると、「起訴のあり方に国民の視線を取り入れるのが検察審査会。しかし、有罪を認定する裁判所の基準が変わるわけではない」との見方を示した。

【関連記事】
石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題
小沢氏「起訴相当」やはり議員辞職すべきだ
「疑わしきは…」裁判員時代に指針示す 「母子殺害」差し戻し
強姦致傷罪に切り替え起訴 裁判員裁判の対象に 大分地検
選任手続き出席率61%、全国最低か 裁判員 那覇地裁
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<普天間移設>現行修正案に下地氏も反対(毎日新聞)
殺人未遂容疑で中国人逮捕=はさみで男性の首刺す-警視庁(時事通信)
秋葉みらい、栗橋みなみ…「鉄道むすめ」活躍中(読売新聞)
<水道管>3万8000キロが耐用年数超え 更新進まず(毎日新聞)
ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
プロフィール

みはらはるおさん

Author:みはらはるおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。